スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

日に日に高まるホニーの演技力評価♪

2013⁄05⁄19(日) 00:39
5-19_20130519002732.jpg

‘ナムサと’、俳優ソンスンホンの再発見だ 【マイデイリー】

俳優ソン・スンホンの演技力が輝かしい.

MBC 水木ドラマ '男の愛する時'がハンテサング(ソン・スンホン), 西味到(世話頃), イ・ゼヒ(煙雨陣) 三人の主人公の痴情関係が悲劇で走り上げて視聴者たちの集中力を高める中に, 蓋然性落ちる人物たちと言う(のは)指摘もあるがハンテサングを演技するソン・スンホンだけは抜群の演技力を誉めるしかない.

お母さんに捨てられて荒い人生を暮して来たハンテサングは貧乏の中でも真直ぐな自尊心を守りながら暮して来た女西味到に会ってあっという間に愛に陷った人物だ. 自分の初恋とも同じ西味到に献身して下手だが真実な愛をすくいとるが, 西味到がイ・ゼヒに心を奪われながらハンテサングは再び捨てられる運命に置かれるようになって, このために深い所に眠っている '恐ろしい男'の本性が覚めている.

ソン・スンホンの演技するハンテサングは二つの顔の男だ. 西味到の指示でマスクパックを顔に付けてセルカを取るハンテサングをソン・スンホンは初恋に抜けた少年のように胸のときめき一杯な顔で演技した. 一方自分の家にイ・ゼヒが過ち脱いでおいて間シャツを見つけて瞬間西味到とイ・ゼヒの密愛を気づいてシャツをずたずた裂いてしまったハンテサングをソン・スンホンは怒りにいっぱいになった姿で表現し出した. 愛の前では限りなく純粋な姿だが愛する女の裏切りが分かるようになった時は挫折感と怒りに瞳が搖れる姿まで, ソン・スンホンはハンテサングを卓越に演技している.

ソン・スンホンは 1996年 MBC シツエイション・コメディー '男3人女3人'でデビューした. 以後 '韓国代表美男俳優'と言う(のは)修飾語をつけて通って多くのファンを従えたトップスターで成長したが, ドラマ '君そして私', '秋の童話', '夏香り', 'エデンの東', 'マイプリンセス', 'ドクターチン' などに出演して俳優としての経歴を広げて来たにも演技力を置いてからは良い評価を受けることができなかったことが事実だった. キャラクターが毎作品変わることと違ってイメージは似ているように繰り返される感じだったし, これは盛りだくさんではない表情と感情の起伏が大きくないように感じられる発声のせいが大きかった.

しかしソン・スンホンは '男が愛する時'では既存と違う豊かな表情演技と状況によって声の根低を自由自在に変えてハンテサングキャラクターに動感を吹き入れている. ハンテサングがソミ

度の前で恥ずかしがる時と西味到とイ・ゼヒの関係を気づいた瞬間を比べると今度作品でソン・スンホンがどんな演技をお目見えしているのか易しく理解することができる. 特に自分を邪魔するグヨングガブ(イ・チャンフン)を尋ねて死んだボスの声と行動を真似ってグヨングガブに威した瞬間は断然ソン・スンホンが見せてくれた最高の場面でもあった.

'男が愛する時'を通じて はじめて顔ではない演技力が先に視聴者たちの目に入って来始めたソン・スンホン. 18年次俳優ソン・スンホンがこれからはどんな作品でまたいくら期待を飛び越える演技をお目見えすることができるか期待感が集められる.


‘ナムサ’撮影風景 ← 動画

スポンサーサイト

TOP

Comment

Trackback

http://sara25329.blog94.fc2.com/tb.php/1617-a16b1c6c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。