スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

乳がん診察画面に物議♪ <動画・ニュース再追加あり>

2012⁄07⁄10(火) 02:43
「Dr.JIN」女優パクミニョンの胸へのタッチシーンが物議 【中央日報】

MBC(文化放送)の週末ドラマ「タイムスリップDr.JIN」(以下、「Dr.JIN」)が気まずいシーンを電波に乗せて視聴者から怒りを買っている。

今月8日に放送された「Dr.JIN」では、女優のパク・ミニョン(ホン・ヨンレ)が俳優のソン・スンホン(ジンヒョク)に乳がんの精密診断を受けるシーンが描かれた。チョゴリの結び目を解き、ソン・スンホンがパク・ミニョンの胸のあちこちを押さえながら乳がんが発病していないかを確認する場面は、家族が一緒に見るには非常に気まずいものだとの評価を受けた。15歳以上観覧可能なドラマというには多少“レベル”が高いシーンだという視聴者の指摘があふれた。

時代劇の女優の露出シーンが論議の中心になるのは2010年に放映されたドラマ「チュノ~推奴~」以降2年ぶりのこと。当時、イ・ダヘはけがをした場所を治療するシーンを撮影し、パク・ミニョンと同じくチョゴリを脱いだ。このとき制作陣は、イ・ダヘの胸のラインにモザイク処理を施して騒ぎを大きくしていた。

放送関係者は「家族視聴者には適合しないシーンだ。このため、熱演していた俳優にも火の粉がかかり、視聴者から叱咤を受けている」とし「等級を考慮した場面を放送すべきだろう」と伝えた。


追加 <8:43> 先日の記者懇談会の動画が出ました




追加 <13:08>
“ダクトジン”ソンスンホン、パクミニョンにも負けない“花笑み”発散...“中毒” 【OSEN】

MBC週末特別企画 "ドクタージーン"で150年をタイムスルリプヘ朝鮮時代に孤軍奮闘している心温まる外科医ソン·スンホンが魅力的な "花笑み"を発散した。

公開された写真は、 "ドクタージーン"、13回放送された盲腸の手術にかかった哲宗(ギムビョンセ分)の病気を検診するジンヒョク(ソン·スンホン)の姿で木で作った聴診器で頑張って受診している彼の姿が目を引く。

彫刻美貌の所有者エディは、患者である哲宗の状態をチェックする時は誰よりも真剣なカリスマを披露しながらも撮影中しばらく休み時間になると口元にそっと含んだストップの専売特許 "花笑み"を披露して柔らかな魅力で女心を刺激している。

7-10a_20120710131544.jpg

7-10b_20120710131604.jpg

過去14回エディは病気である哲宗を置いて冥福を王位にアンヒリョヌン野心を持ったイハウン(イ·ボムス)が引き止めたが、哲宗の手術を行った。 ジニョクは歴史通りならば、1年後に崩御する哲宗の命を求めるも、自分の医術のために後先の歴史を心配したが、患者を最も大切にする医師としての使命感を屈せず守って注目を集めた。

公開された写真にネチズンたちは "ジンヒョク先生の"花笑み "中毒的なんです?" "カリスマと柔らかさを同時に持った逆の魅力の持ち主!" "毎回、医師としての使命と歴史を守るためのジンヒョクの孤軍奮闘が繰り広げられる"ドクタージーン"よく見ています" "彫刻美貌にあんな笑顔まで持つ魅力的なエディのような医師が実際にもあったらと思います"と喜んだ。
一方、ヨウンレ(パク·ミニョン)は、自分とミナ(パク·ミニョン)のアイデンティティに混乱を感じてエンディングを飾り、彼女の正体に疑問を高めた。 "ドクタージーン"は、毎週土、日の夜9時50分放送される。

スポンサーサイト

TOP

Comment

Trackback

http://sara25329.blog94.fc2.com/tb.php/1383-21813523

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。