スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

「Dr.JIN」 5話メイキング♪ <追加あり>

2012⁄06⁄15(金) 00:35
5話焼き討ち場面メイキング 【MBC】

動画を持ってこれないので飛んで見てね。最初のCMがちょっと長いけどホニーがんばってます


追加 <21:29>

5-15a_20120615213250.jpg

“ダクトジン”ソンスンホンが使う新しい歴史 【TVデイリー】

朝鮮時代にペニシリンがあった場合。
来る16日放送されるMBC週末特別企画 "ドクタージーン(脚本ハン·ジフン、演出ハンフイ)"では、21世紀の天才外科医ジンヒョク(ソン·スンホン)が梅毒にかかったギェヒャン(ユン·ジュヒの方)を生かすためのペニシリンの製造に突入する姿が描かれている。

6回でジンヒョク(ソン·スンホン)は、南(パク·ミニョン)と聴講したセミナーを思い出させてペニシリンの製造法に着目しますが、自分の選択により、後先の歴史の前に躊躇した。

しかし、続く予告編で一日でも人間らしく生きてみたいというギェヒャン(ユン·ジュヒの方)に "その日、私が住んせていただきます"と決然と言って姿を見せ、再びペニシリンの開発に挑戦することを決めたことを予告した。

公開された写真は、活書でジンヒョクとホグァン(チョン·ウンピョ分)のペニシリンの製造過程を描いたもので、深遠な雰囲気が感じられる。
また、ジニョクと向き合っているヨウンレ(パク·ミニョン)の表情が尋常ではなく、その結果にも関心が集まっている。

歴史より68年も早い朝鮮時代、過酷な医療環境で行われるペニシリン成功するかどうかは、まったく結果を予測することができないの知りたい事を増幅させている。

スポンサーサイト

TOP

Comment

Trackback

http://sara25329.blog94.fc2.com/tb.php/1357-4d2f164d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。