スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

「Dr.JIN」製作発表会での質疑応答♪

2012⁄05⁄24(木) 01:46
5-24.jpg


MBC製作発表会での一問一答 文が長いのでホニーのところだけ抜粋してるけど、
                   イボムスさんの部分も興味深いのでぜひ、行って見てね^^


初史劇挑戦ながら意思役目も初めのソン・スンホン, そして未知のキャラクター李ハウンを魅力的に再誕生させた興行魔術師り・ボンス. 10年前一緒に出演した映画 [一応走って] 以後また会った二人が今度キャラクターを通じてどんな演技呼吸を見せてくれるか期待を集めている. 次は 5月 17日開かれた製作発表会での一問一答.


▶ ドラマ内容のように実際にタイムスリップができたらいつに行きたいか?
ソン・スンホン : 中□高校時代だ. 現在と違う生を暮したいという意味ではないが, その時が一番おもしろかったようだ. 楽しい思い出を一緒に積んだ友達もたくさん見たい. それで普段冗談のように学生時代に行きたい言う.

▶ 医学ドラマも難しいのに史劇と言う(のは)ジャンルが重なった. どんなに撮影に臨んでいるか?
ソン・スンホン : 俳優として史劇ジャンルを今まで避けたことは事実だ. 私が消化するには難しいようでもあって, もうちょっと経験を積んで年輪を高めて演技力を押し堅めた後挑戦したい心が大きかった. しかし [ドクターチン]のシナリオを見てから "これは必ずしなければならない作品だ"と思った. 撮影に入って行って出る今まで感じて見られなかった "私が変な国のアリスみたいだ, すべてのものがとても不思議でおもしろい"という感情を感じる. ジンヒョックもアリスのように環境が全然違った過去に移って, 過去の人物たちに取り囲まれて新しい生に適応しなければならないからだ.

▶ 肉体的に大変なことはないか?
ソン・スンホン : まだまだは放送現場で夜を明かす撮影が多い実情だ. そこに史劇は一カットを取るために難しいせりふを覚えて, 扮装も細心にさせるなど時間と準備が現代劇より 2倍以上必要だ. そんな点は史劇を初めてやって見る私としては大変だったがジャンル自らの力がすごくがっちりしているということを感じて苦情を使う振ることがなかった.

▶ 史劇も史劇だがメディカルジャンルも初めてだ. 特別なエピソードがあったら?
ソン・スンホン : 手術はく取る時実際患者を代用する人形をダミーと言う. その人形があまりにもリアルで諮問してくれる医者先生が実際長期の姿, 手術姿とまったく同じだと感嘆した. そこに実際手術道具で撮影をしたら視聴者皆さんはどんな医学ドラマより加えた鮮やかさを感じることあるようだ. 一方とても生々しいから目の前で脳の姿を初めに見て, メス取る事も初めの私としては少し大変だった. 撮影が繰り返されて手術撮影現場に適応を終えてからこそ, おもしろくてすごいという考えだけだ.


スポンサーサイト

TOP

Comment

Trackback

http://sara25329.blog94.fc2.com/tb.php/1330-9322207f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。