スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

時代劇衣装で撮影スナップとニュース♪

2012⁄05⁄07(月) 16:26
5-7_20120507161919.jpg

ソンスンホン、イボムスと初めて会った日...“タイムスリップダクトジン”朝鮮の中に 【bntnews】

俳優ソン·スンホンが、朝鮮時代のイ·ボムスに会った。
5月7日ソン·スンホンは自身のme2dayを通じて "ドクター氏イハウンに会った朝鮮での初日!"というタイトルで、写真一枚を掲載しました。

公開された写真は、朝鮮時代に目に見える村の入り口でペゴディドゥルエゲ囲まれイハウン(イ·ボムス)とそれを睨むダクトジン(ソン·スンホン)の姿が見える。何の理由か、イ·ボムスはガトド脱いで反ってお決まりもブッシュである。一方、ソン·スンホンは、たとえボロボロの服を着たが、断定するにおよばない。

ソン·スンホンとイ·ボムスは5月26日初放送されるMBCの新しい週末ミニシリーズ "タイムスリップダクトジン"(脚本ハン·ジフン、演出ハンフイ)で呼吸を合わせる。 "タイムスリップダクトジン"は、日本の村上元カーの同名の漫画を原作に、2012年大韓民国最高の医師が時間と空間を超越して、1860年代、朝鮮時代にさかのぼって、医師として孤軍奮闘することになる内容の医学ドラマだ。

写真を接したネチズンたちは "日も暑い苦労しますね"、 "ホン·ギルドンと思いますので、よく似合います"、 "早く見たいです"というなどの反応を見せている。

5-7a_20120507163711.jpg

ソンスンホン、初めての史劇挑戦どのように準備しているのか? 【TVレポート】

デビュー以来、最初の時代劇出演を決心した俳優ソン·スンホンが、朝鮮時代の男に変身するために汗を流している。
ソン·スンホンは来る26日初放送されるMBC TV新しい週末ドラマ "ダクトジン"を使用してフュージョン史劇ジャンルで視聴者と会う。 1995年にデビューし、これまでドラマ "秋の童話"、 "夏の香り"、 "エデンの東"、映画 "無籍者"など現代劇に出演してきたソン·スンホンとしては、今回の "ダクトジン"がデビュー18年ぶりに初めての史劇挑戦ことになる。

ソン·スンホンが "ダクトジン 'で引き受けた役割は、時間を遡って1860年代の朝鮮時代に飛んで医術を繰り広げる実力派外科医ジンヒョク役だ。

ソン·スンホンの所属事務所ストームエスカンパニーの関係者は7日、TVレポートに "ソン·スンホンさんがフュージョン史劇出演を決心し、乗馬の授業を受けた"とし、 "馬に乗る方は以前にも習ったが、今回の"ダクトジン "で言葉は朝鮮時代唯一の移動手段であるので、無理なく消化するために、もう一度手綱を取った "と述べた。

"ダクトジン"がフュージョン史劇だが、ソン·スンホンが演じるジンヒョクは、現代の医師がタイプスリップ過程を経て、過去に移動するので、史劇トンを使用したり、髷を反転ではない。 ただ実力派外科医に出演するだけに難しい医学用語を上手に駆使するために、手のシナリオを離さないというのが所属社側の話だ。

衣装も外科医の象徴である白いガウンで徐々に朝鮮時代の衣冠が着る韓服を着用し、フュージョン史劇ドラマの味を生かすとみられる。

スポンサーサイト

TOP

Comment

Trackback

http://sara25329.blog94.fc2.com/tb.php/1313-9ae5a67c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。